エアストーンって?
メリット・デメリット
こんなところでも
ラインナップ
製品名称について
メリット・デメリット
設置方法
メンテナンス
取扱店ご紹介
ユーザーの水槽
画像募集
よくあるご質問
ご注文方法
会社概要
砥石との違い
砥石のご紹介
業者様
個人の方
その他
リンクについて
プレゼント企画
プライバシー
利用上のお願い
お問合せ

ラインナップ
丸シリーズ 10φ丸 18φ丸 25φ丸 30φ丸
50φ丸
18φシリーズ 18φ×150 18φ×300
23φシリーズ 23φ×60 23φ×100 23φ×150
30φシリーズ 30φ×78 30φ×78BL 30φ×150 30φ×150BL
50φシリーズ 50φ×150 50φ×300 50φ×500
ファンシーエアストーン


30φ×150(標準の#100と更に泡の細かい#150があります。)


◆製品の仕様◆
製品寸法:直径約30mm×長さ約190mm
製品重量:約350g
ホース差込口:内径4〜5mmのホース用
希望小売価格:3,000円(税込 3,150円)

30φ×150は業務用の本格派エアストーンです。サイズはセラミック部分の直径が30mmと大きいですが、逆にその分広い範囲からきれいに泡を出してくれます。

両端のプラスチックパーツが大きいため、底砂などに接することがないのでその部分の泡が大きくなったりすることもありません。

また市販のボックスドライバーをお使いいただくことで、製品を分解することが可能ですので、セラミック部分のみ洗浄することで、再生が可能です。

更に30φ×150は標準の泡の細かさ#100に加えて更に泡の細かい#150というタイプもご用意させていただいております。業務用ということで、通常のエアレーションのみならず、オゾンなどの特殊な気体を打ち込む用途にも最適です。

【標準の#100】

毎分1000ccでの発気の様子

毎分1500ccでの発気の様子
【更に泡の細かい#150】

毎分1300ccでの発気の様子

毎分2000ccでの発気の様子
※毎分1.0〜2.0リットル前後のエアポンプ
上記の写真の風量は、エアストーンを設置する位置での風量となります。仮にポンプのスペック上1.0リットル/分となっていても水深が深くなると、実際に泡の出る量は少なくなることがありますのでご注意下さい。

また30φ×150は両端のプラスチックパーツがセラミック部分を覆うような形状になっているため、その部分に泡がたまって少し大きめの泡が出てくるという現象が発生してしまいます。今後の課題だと思っています。